相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

注文住宅メーカーの選び方!ポイントまとめ

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/10

注文住宅を建てようと思ったとき、最初に考えなければいけないのは注文住宅メーカー選びです。そこで、本コラムでは注文住宅メーカーを選ぶ上でのポイントを6つご紹介。3つのパートに分けてまとめてみます。

「メーカーの実績」「スタッフの質」

注文住宅メーカーを選ぶ上でもっとも重要なのが「業者の持つ実績」です。どのように見極めたら良いでしょうか。

■ホームページの施工例などを調べる
メーカーのホームページを見ると、過去の実績はある程度把握できます。創業年や施工実績、施工例などをじっくり見ます。とくに工務店は地域密着型であるため、営業年数が長いところは信頼性が高い場合が多いでしょう。

■地域での評判を調べる
ネット検索での口コミチェックや、その近くに住む友人・知人へのヒアリングで、あまりにも評判の悪いところは避けましょう。しかし、ネットへの書き込みは誰でも可能なので、そのまま信じてしまうのも危険です。トータル的に判断しましょう。

また、スタッフの対応の良し悪しや、能力も重要です。「会社=社員」という判断もできるからです。

■スタッフの対応やマナーは良いか?
電話で、対面で受ける印象は大切です。ここでマナーが悪いとか、いい加減と感じたら避けましょう。

■質問への対応で知識や人柄がわかる
家づくりの質問に答えられない、もしくは対応が悪い、連絡が遅れるなどは危険信号と考えて良いでしょう。

また、担当者と施主との相性も重要です。そりが悪いひとと長く付き合うのは苦痛であるばかりか、ミスにつながるおそれもあります。

「躯体の強度」「住宅性能」

注文住宅メーカーが採用している構造がどんなものか、とくに耐震性などは重要です。

■地盤に対する調査や補強+構造
まず地盤調査や、その結果の補強についてチェック。つづいて躯体の構造に採用している工法などをチェックします。直接説明してもらうのがベストです。

■地震に対する対応
耐震基準をキープするのはもちろん、どのような方法で実現しているかをチェックしましょう。耐震・免震・制振といろいろありますが、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあるので、これも直接説明してもらうのが良いです。

また、住宅性能についてもどんなものを採用しているかで変わってきます。

■仕様
高気密・高断熱、換気システム、エコシステムなど、どのような仕様が採用されているかをチェックします。

■住宅設備
キッチン、バスルームなどの水回りや電気関係など、どのメーカーのどのレベルの設備を採用しているかチェックしましょう。

■素材
耐久性・メンテナンスのしやすさ、デザインのラインナップはもちろん、健康に害がないかも調べましょう。

また、住宅性能(仕様、住設、素材)標準仕様であるか、オプションかも質問して把握することが大切です。それによって建築コストが大きく変わってしまうからです。

「アフターケアや保証」「デザイン」

住宅は末永く住まうもので「建てたら終わり」では困ります。注文住宅メーカーのアフターケアや保証がどのようなものか調べましょう。

■保証・保障される内容を知る
どのような保証・保障が、住宅引渡後、何年付くのか。また、不動産会社が保険会社と契約して付帯するのか、住宅設備メーカーや地盤調査会社が保証・保障するのかも調べて、把握しましょう。

■24時間365日トラブル対応してくれるメーカーもある
家のトラブルに関して、電話などで対応してくれる注文住宅メーカーもあります。火急のときはどこに連絡してどのような対応があるかも調べましょう。

また、住宅はデザインも重要です。センスの有無、施主の好みに合うかもチェックしましょう。

■施工例を見る
ホームページやパンフレット、モデルハウスなどで調べましょう。とくに重要なのは外観。あとから変更するのは、かなり難しい部分だからです。

まとめ

注文住宅メーカーを選ぶ上でのポイントをご紹介しました。「メーカーの実績」「スタッフの質」「躯体の強度」「住宅性能」「アフターケアや保証」「デザイン」これらすべてに納得できる注文住宅メーカーを選びましょう。

また、土地を新たに取得する場合には、その環境や利便性など、立地を確認することを忘れないでください。立地が悪い家に住むことは、人生の質を落とすことにもなりかねないからです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧