相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

家族構成に合わせた間取りの決め方!快適に過ごすためのポイントとは

公開日:2023/11/15  最終更新日:2023/07/06

ポイント

注文住宅を建てるときに、家族が快適に暮らせるようにしたいと考えているでしょう。そのためには、家族構成に合わせた間取りにする必要があります。部屋の数や収納スペースを適量にすることで、ストレスを溜めることなく生活を送れます。失敗しないためには、業者にもアドバイスを求めましょう。

家族構成に合わせた注文住宅の間取りの決め方とは

部屋の数や収納スペースの大きさなどが家族構成に適していないと、快適に生活を送れなくなります。適当に検討してはいけません。

家族構成に合わせた部屋数にする

全員が個室を持つ場合と、夫婦の寝室と子ども部屋というように全員が個室を持たない場合があります。家族の生活リズムが異なる場合は、全員が個室を持つほうが良いでしょう。

理想の写真や間取り図からイメージを取り入れる

自分がどのような住まいにを持っているのかを考えてみましょう。それを実現するために、写真や間取り図などを参考にしてください。

家族の生活動線に沿う間取りにする

家事だけではなく、通勤や通学も踏まえた動線を検討します。食事や身支度などをスムーズにできるようにします。毎日の生活を快適に送れるようにしましょう。

家事動線がスムーズになるようにする

洗濯室と脱衣室の位置、キッチンとリビングの位置などにこだわりましょう。この際、人気がある設備を無理に導入する必要はありません。たとえば、対面キッチンが人気を集めていますが、調理中は1人で黙々と取り組みたいと考えている人は、壁付きキッチンで問題ないでしょう。

そのほかにも、パントリーが人気を集めていますが、これまで使用したことが無かった人が導入しても、使いこなせない可能性があります。

ライフステージの変化に対応できるようにする

子どもが独立した後に、夫婦だけで生活を送ることを想定している人もいるでしょう。子ども部屋を無理に作らなくても、パーティションで広い空間を仕切る方法もあります。

土地と住宅のゾーニングをしてから間取りを決める

大まかにどこに何を配置するのか考えると良いでしょう。これにより、必要な広さが明らかになります。

予算に収まるようにする

どのような間取りにすると、予算オーバーになりやすいのか知っておきましょう。たとえば、吹き抜けを設置する、対面キッチンを採用する、バルコニーが多い間取りは、予算オーバーになりやすくなります。

建物のかたちをシンプルにする、壁付きキッチンを採用する、オープンな間取りにするほうが、予算を抑えられます。

注文住宅の間取り選びで失敗しないための注意点

簡単に間取りを変更できないので、打ち合わせのときにきちんと準備しましょう。

家具や家電の寸法に合わせる

あらかじめ家具や家電は採寸しておくと良いでしょう。そのサイズに合わせて間取りを作成します。コンセントの位置や数も見積もれるので、何となくこれくらいのサイズだろうと思って採寸をためらわないようにしましょう。

十分な通路が確保できるようにする

廊下が狭いと歩くときにストレスを感じるでしょう。最低でも60cmの幅が必要だといわれているので、設計図を確認してください。

光が差し込むようにする

まったく光が差し込まない部屋を作らないようにしましょう。自律神経の乱れを引き起こすリスクがあります。また、和室に光が差し込まないと、畳にカビが発生することもあります。健康面でも衛生面でもよろしくありません。

収納スペースは適量を意識する

収納スペースが広すぎると、生活を送るスペースが狭くなります。反対に、収納スペースが狭すぎると、不要なものが片付きません。家族の荷物の量を把握して、適したサイズの収納スペースにしてください。

窓に転落防止の柵を設ける

子ども部屋の窓に転落防止の柵を設けましょう。誤って地上に落下してしまうのを防ぐ効果があります。

家族構成を考慮した注文住宅で快適な生活を実現するアイデア

収納や生活動線を工夫すると、快適な生活を送れるようになります。

ウォークインクローゼットが便利

シューズや衣類を収納したいけれど、収納スペースを確保すると生活を送るスペースが狭くなってしまうので、どうすれば良いのか分からない人におすすめです。ウォークインクローゼットは、通常のクローゼットの何倍も収納スペースがあるので便利です。

また、玄関から室内に持ち込まなくても構わないものは、ウォークインシューズクローゼットに収納できます。部活動で使用する道具や週末に使用するゴルフ道具などを保管しましょう。

玄関に手洗いコーナーを設ける

一般的な住宅では、脱衣室の隣に手洗いコーナーが設けられています。家族の誰かが脱衣室を使用していると、手を洗いたいと思っていても使用できなくなるので、帰宅した直後にすぐ手が洗えるようにしましょう。

まとめ

家族構成やライフステージなどを考慮して住宅を建てましょう。一度工事が始まると、簡単に修正ができないので、打ち合わせのときに細部まで明らかにしましょう。長い間生活を送ることになるので、これまでの事例も参考にしながら、業者にサポートを依頼してください。快適な生活を実現するアイデアは豊富にあるので、積極的に取り入れましょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索