相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

注文住宅の建築費用を安く抑えるテクニックを知っておこう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/01/28


注文住宅を購入する際には、価格を少しでも抑えたいと考える人が多いのではないでしょうか。費用については、理想の家を実現するためにも事前に知っておく必要があります。この記事では、建設時にかかる費用の目安と費用を少しでも抑えるテクニックを紹介します。費用を抑えるためのポイントも紹介していますのでぜひ参考にしてください。

注文住宅の建築費用の目安

注文住宅の建設に必要な費用について紹介します。

まず、費用は大きく分けて「土地の購入費用」「建築費用」「その他の諸費用」の3種類があります。

「土地の購入費用」ですが、土地はすでに保有している場合を除き、新たに購入することになります。都心や駅から近い場所にあるほど高くなる傾向にあります。建設する場所により大きく異なるため、予算に応じて検討すると良いでしょう。

「建設費用」は主に本体工事費や造作工事費、地盤整備費のことを指します。土地費用だけでなく建設費用も地域によって異なりますが、全国平均で約3,300万円となっています。1,000万円台は無駄を省いたシンプルな家、2,000万円台は優先したい希望を叶えることができる家、3,000万円台は全国平均であり、ある程度の希望を叶えることができる家、4,000万円はこだわりの家づくりが実現できて細かい部分までカスタマイズできる家というように、ライフスタイルや予算に合った費用を検討してみてください。

「その他の諸費用」は、土地や建物以外に必要な費用のことを指し、所有者するための手続きにかかる費用や不動産業者に対して支払う仲介手数料などがあります。一般的は費用の目安は、土地と建築費用の合計の約10%と言われています。注文住宅の建設時にはさまざまな費用がかかるため、十分な資金の準備が必要になります。余裕を持った計画を立てることが重要です。

注文住宅の建築費用を安く抑えるテクニック

注文住宅を建設する際には少しでも安く抑えたいのではないでしょうか。テクニックを紹介しますので、予算と希望に合った家づくりをするためにどんなところに費用をかけるべきなのか事前に家族で相談してみてください。

■複雑なデザインにはしない

複雑で凝ったデザインにするには手間と材料が余計にかかってしまいます。できる限りシンプルな正方形や長方形にすることで費用を抑えることができます。2階建て住宅の場合は、1階と2階の面積が同じ総2階住宅にするとさらに費用が抑えられるでしょう。

また、必要以上に部屋数を増やすのではなく、ライフスタイルに合わせてパーテーションを設置するなど工夫することもコストダウンに繋がります。

■資材や設備にメリハリをつける

キッチンやお風呂、冷暖房設備などすべての設備にこだわってしまうと、その分費用がかかってしまいます。こだわりたい部分と既製品で済ませる部分とでメリハリをつけると良いでしょう。床材も長い時間過ごすリビングだけはこだわりに合ったものにするなど、優先順位を決めると費用を抑えることができます。

■水回りはまとめる

お風呂やトイレ、キッチンなどの水回りは分散させてしまうと配管工事が増え費用がかかってしまいます。水回りはできるだけワンフロアにまとめると良いでしょう。

■和室を作らない

和室は一般的な洋室よりも費用がかかります。1部屋は和室にしたいと考える人も多いようですが、特に使用する予定がない場合には作らないという選択肢もあります。

注文住宅の建築費用を抑える上で注意するべきポイント

少しでも費用を抑えたいと考えるのは当然ですが、抑えすぎるとそのぶん性能が悪くなり、住みにくさを感じてしまう場合もあります。

費用を抑える上で注意すべきポイントとしては、外構工事には手を抜かないことです。門を設置したり柵や塀などの工事をすると費用がかかってしまうのですが、防犯対策の為にも必要な工事です。家族のプライバシーを守るためにも、必要に応じて検討してみてください。

外壁に関しても注意が必要です。外壁は劣化が早いので塗り替えが必要になる場合が多いのですが、耐久性が低いと雨漏りなどの被害にあってしまうので、建設時に丈夫な外壁を選ぶと綺麗な状態を長く保つことができます。

また、注意しなくてはいけないポイントとして、地震対策が挙げられます。日本は地震が多い国なので、耐震性の高い家づくりが必要になります。安心して暮らすためにも地震対策装置に関する費用は抑えてはいけません。

 

今回は、建設時にかかる費用の目安と、費用を少しでも抑えるテクニックを紹介しました。こだわりたい部分と費用を抑える部分のメリハリをつけることが重要です。予算や家族の要望を事前に明確に話し合うことで、満足のいく家づくりに近づけるのではないでしょうか。抑えた費用で家具やインテリアを購入することで、さらに充実した暮らしができると思いますので、注文住宅の購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧