相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

ビルトインガレージ付きの注文住宅を建てるメリット・デメリット!

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/03

車を持っている人であればビルトインガレージ付きの注文住宅を建てたいと考えている人も多いのではないのでしょうか。そこでこの記事では、ビルトインガレージ付きの注文住宅を建てるメリットとデメリットについて詳しく説明します。また、ビルトインガレージ付きの注文住宅の購入がおすすめな人の特徴も紹介するのでぜひ参考にしてください。

ビルトインガレージ付きの注文住宅を建てるメリット

ビルトインガレージとは建物内に設けられたガレージのことで、シャッターを閉めれば完全に家の中にしまうことができます。ビルトインガレージ付きの注文住宅を建てると、どのようなメリットがあるのか紹介します。

車を守ることができる

ビルトインガレージはシャッターやドアが付いているため、雨風や紫外線から守ることができるようです。また、一般的な駐車場であればいたずらや盗難の被害に合う心配がありますが、ビルトインガレージがあれば安心して車を停められます。

荷物の出し入れや車の乗り降りがしやすい

建物内に組み込まれているため車と居住スペースが近いことが特徴です。雨の日でも傘をささずに乗り降りができ、荷物の出し入れもラクにできます。また、お年寄りや小さい子どもがいる家庭にも負担が軽減しとても便利になります。

ガレージ部分を趣味のスペースとして活用できる

車を停めるスペースだけでなくガレージ部分を趣味のスペースとして活用することもできるようです。愛車を手入れするための道具を置いたり、広めにスペースを取ったりすることでDIYやコレクションしているものを飾るなどさまざまな活用方法があります。また、車を停めていないときには子どもの遊び場として利用することも可能です。

敷地が狭い場合でも駐車スペースの確保が可能になる

住宅と別の場所に駐車スペースを確保する必要がないので、土地が狭い場合でも問題ありません。容積率の緩和措置の対象となり、延床面積の5分の1を限度に除外できます

ビルトインガレージ付きの注文住宅を建てるデメリット

ビルトインガレージ付きの住宅には多くのメリットがあるのですが、残念ながら注意しなくてはいけないデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか紹介しましょう。

1階のスペースが減ってしまう

ビルトインガレージは1階のスペースに作るので、住居スペースが減ってしまいます。そのため、キッチンやお風呂場などを2階に作らなくてはならなくなる場合もあり、生活しづらくなってしまいます。事前に各部屋の配置をしっかり検討する必要があるようです。

費用がかかる

ビルトインガレージには建設費用がかかります。ガレージの大きさにもよりますが200万から400万円程度かかります。建物の強度を上げるために開口部を広くとらなくてはいけないので、耐久性の高い建材を使用するなどさらに費用がかかることを把握しておきましょう。

騒音と排気ガス対策が必要

建物と一体化して設置されているため、エンジン音やシャッターを開閉する音が響いてしまいます。ガレージの近くに寝室や子ども部屋を設置しないなどの対策が必要です。また、ガレージ内に排気ガスがこもってしまったり、居住するスペースに排気ガスが入らないように換気扇を設置したりする必要があるので注意しましょう。

ビルトインガレージ付きの注文住宅の購入がおすすめの人の特徴

車が好きでこだわりを持っている人にはビルトインガレージ付きの住宅はおすすめです。雨風から守り紫外線による色褪せを防ぐことができ、ガレージ内で整備をしたり愛車をゆっくり眺めたりすることもできます。

また、高級車に乗っている人は外に駐車しておくのは心配ではないでしょうか。いたずらや盗難の被害から守れるという点で、ビルトインガレージを設置することで安心できます。

また、車以外にもバイクや自転車が趣味の人にもおすすめです。天気を気にせずお手入れをすることもできるうえ、整備するための道具を置くスペースも充分にあります。

収納スペースとして活用している人も多く、子どもの遊び道具やアウトドア用品を置けるので荷物が多い人にもおすすめです。住宅スペースとの距離が近いこともあり、荷物の出し入れもしやすく雨の日でも濡れる心配がないので生活がしやすくなります。雨の日の移動に不満をかかえている人にとっても、ビルトインガレージはとても便利のため検討してみてください。

 

ビルトインガレージ付き注文住宅を建てるメリットとデメリットについて紹介しました。ビルトインガレージは車を停めるだけでなく、趣味のスペースとしても利用できるのでとても便利なものです。しかし、費用面や居住スペースが減ってしまうなどのデメリットもあります。

ただ憧れていたからという理由だけで設置してはいけません。本当に設置するべきなのか予算やこれからの生活スタイルについて家族でしっかり話し合い、納得のいく家づくりを実現させましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧