相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

注文住宅と分譲(建売)住宅の違いを知ろう!

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/11/20

白い風船が並んでいる中にひとつ赤い風船が飛び上がっている様子
マイホームの購入を検討する際に、「注文住宅」と「分譲(建売)住宅」という2択で迷う方は多いのではないでしょうか。注文住宅と分譲住宅ではデザインの自由度やコスト、入居スケジュールなどが違ってきますので、それぞれの特徴をしっかりと把握することが大切です。

そのうえで、自分に合ったマイホームを建てるにはどちらを選ぶべきなのか考えてみましょう。これから本コラムで紹介する情報がその手助けになれば嬉しいです。

注文住宅の特徴

自分で土地を購入してから、好みの家を自由にオーダーメイドで建てるのが注文住宅です。

【デザイン】

とにかくデザイン面での自由度が高いのが、注文住宅最大のメリットでしょう。レイアウトはもちろん、床や壁など内装のカラーリング、キッチンやトイレなどといった設備も、ある程度思い描いた通りに実現することが可能です。

また、家族構成や趣味、仕事内容に合わせたカスタマイズができるのも魅力ですね。

【コスト】

費用に関しても自由度は高く、ある程度自身の予算に応じたプランを計画することが可能です。例えばどうしてもこだわりたいリビングに重点を置いて豪華にしたぶん、それ以外のグレードを低く調整してコストダウンをはかることもできます。

【入居・スケジュール】

一から家を建てる、場合によっては土地探しから始めるため一概には言えませんが、入居するまではそれなりの期間がかかるでしょう。ですが、一方で建築する工程を見学できたり、その過程で内部構造を自分の目で確認できるというメリットもあります。

分譲(建売)住宅の特徴

一定の区切られた住宅地にいくつも同じような一戸建てが建てられ、それらをバラ売りしたものが分譲住宅です。

【デザイン】

分譲住宅は既に完成している戸建てを購入するため、レイアウトやデザインを変更する余地はないでしょう。ですが最近は、お洒落でデザイン性の高い分譲住宅も増えていますので好みに合うものを探してみるという選択肢もいいかもしれません。

【コスト】

建築素材や設備を同時にたくさん購入し、一気に複数の一戸建てを建設するためコストを安く済ませることができます。また、住宅価格が明確になっていることが多いため具体的な資金計画を立てやすいというメリットがあります。

【入居・スケジュール】

住宅自体は既に完成していることが多いため、比較的早く入居することが可能です。また、同じ区画の近隣住民と入居が同時期になるケースが多く、近所付き合いが生まれやすいようです。

この点は、人によってメリットなのかデメリットなのか変わってくるでしょう。

マイホームを建てるなら注文住宅がおすすめ!

ご紹介してきた通り、注文住宅と分譲住宅にはメリット・デメリットが存在し、それぞれ違った特徴を持っています。

個人的には、一生に一度かもしれないマイホーム購入であれば特に「注文住宅」をおすすめしたいですね。やはり自分の理想や状況に合わせたデザインができるのは魅力的ですし、より愛着が湧くような気がしています。

おすすめ関連記事




サイト内検索