相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

注文住宅をRC造で建てる利点!覚えておくべきデメリットも紹介

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/05/14


注文住宅を建てる際、どのような構造材で家を建てるか悩む人は多いのではないでしょうか。そもそも構造材に関する知識が不足しており、決められない人もいるでしょう。そこでこの記事では、RC造(鉄筋コンクリート造)住宅にどのような特徴があり、どのようなメリット・デメリットがあるのか解説します。興味のある人は参考にしてください。

RC造の住宅とは?

RC造の「RC」とは「ReinforcedConcrete」の略で「強化されたコンクリート」という意味です。RC造とは強化されたコンクリート=鉄筋コンクリートで作られた家を指します。引張力(引っ張る力)に強い鉄筋と、圧縮力(押す力)に強いコンクリートという2つの素材を組み合わせることで両方の素材の弱点を補い合い、丈夫な住宅を造るのです。RC造はその頑丈さから中~大規模のマンションで採用されることが多かったのですが、近年では注文住宅で取り入れられるケースも増えてきました。

RC造の構造には「壁式構造」と「ラーメン構造」がありますが、RC住宅のほとんどは「壁式構造」になるようです。壁式構造は、基礎の上に家の箱を積み重ねていくイメージで家を建てます。ラーメン構造が柱と梁で建物を支えるのに対し、壁式構造では壁が柱や梁の役割を果たし、家を支えるのです。

注文住宅をRC造で建てるメリット

RC住宅は、鉄筋の型にコンクリートを流し込んで作るので隙間のない空間を作ることができ、木造住宅と比べ遮音性・気密性の高い住宅になると高評価されています。室内の音が外に漏れにくく、外の騒音も伝わりにくいので、家を建てる土地が交通量の多い大きな道路に面している場合、近隣に学校や商業施設がある場合、小さな子どもがいたり楽器を演奏したりする場合などはRC住宅を選ぶことで音を気にせず生活できるでしょう。気密性が高いので冷暖房の効きがよく、冷暖房費を抑えることができます。

また、引っ張る力に強い鉄筋構造と押す力に強いコンクリート構造の特徴を併せもったRC造は、耐震性に非常に優れており地震に強い家を造ることができるのです。コンクリートは不燃材なのでRC住宅は耐火性も非常に高く、火災が発生しても建物が倒壊する心配はほとんどありません。万が一火災が発生してもリフォームで済むケースが多く、有毒ガスの発生も抑えられるためガスを吸い込んで中毒死するリスクも低くなるでしょう。

RC住宅は壁で家を支えるため、柱による間取りの制約を受けることなく自由に間取りをデザインできます。丸みを帯びた外観デザインや重量のあるタイルや石を使った仕上げも可能で、デザイン性の高い住宅を造ることができる点もRC住宅のメリットです。RC住宅は木造住宅のような傾斜屋根ではなくフラットな陸屋根にできます。

陸屋根はスタイリッシュでデザイン性が高いほか、勾配がないので雪で雨樋が壊れたり、雪が落下したりといったリスクが少なくメンテナンスも比較的容易です。傾斜屋根で無駄になりがちな屋根裏を必要としないので、建物の高さを抑えても充分な天井高を確保できます。家にオリジナリティを求める人やデザインにこだわりたい人は、RC造も検討してみるとよいでしょう。

RC住宅の寿命は木造住宅の2倍程度といわれており、適切なメンテナンスを施せば100年以上はもつといわれています。耐用年数が高いことから、将来的に家を手放す際も比較的高く査定されるかもしれません。資産価値の高い家を建てたい場合に、RC造はおすすめの構造といえます。

注文住宅をRC造で建てるデメリット

RC造のデメリットは建築費用が高額になることです。RC住宅は木造の1.5~2倍程度の予算がかかるといわれています。木造と比べて重量があるため、木造よりも大きな基礎が必要になるためでしょう。地盤も強固でなくてはならず、地盤が弱い場合は地盤強化工事が必要になります。この地盤強化工事もコストアップにつながっているのです。また、コンクリートは熱伝導率が高いため、外気の温度変化の影響を受けやすくなります。

マンションやアパートの最上階が夏に暑くなりやすいのはコンクリートの熱伝導率が高いためです。なんの対策もしなければ夏は暑く、冬は寒い住宅になってしまうため、断熱材などを使用した断熱処理が欠かせません。

コンクリートは吸水性が高いうえRC造は気密性が高いので内部結露が発生しやすく、カビが発生しやすい点にも注意が必要です。カビの原因となる水分を溜めないよう、定期的な換気や換気扇の利用など湿度を外に逃がす換気システムが必要となるでしょう。とくに新築から数年はコンクリートから湿気が出やすくカビが発生しやすいので、押し入れや普段使わない客間などにカビが生えないよう気を配る必要があります。

 

RC住宅は耐震性・遮音性に優れ、デザインの自由度も高い一方、建築費用が高く断熱や調湿機能には注意が必要です。ただ建築費が高いとはいえ、寿命が長く資産価値も高い住宅を作ることができるので、コストについてはトータルで判断することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧