相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

日本の主要な住宅構造!木造住宅はなぜ多くの方に選ばれるのか?

公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/05/14


日本の一戸建て住宅は9割以上が木造住宅です。なぜ木造住宅は多くの人に選ばれているのでしょうか。木造住宅が選ばれている理由を知らないまま、マイホームも木造にしようと考えている人もいるでしょう。この記事では、木造住宅にはどのようなメリット・デメリットがあるのか、工法にはどのような種類があるのか、木造住宅の特徴を紹介します。

木造住宅の特徴とは?

木造住宅の一番の特徴は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の家と比べ、建築費用を安く抑えられるという点でしょう。鉄骨造の坪単価が50~80万円、鉄筋コンクリート造は70~100万円程度であるのに対し、木造住宅は40~60万円程度です。また、木材には熱を伝えにくい性質があるため、熱を遮断したり暖かさを保ったりできます。

さらに自然の調湿機能をもっているため、空気が乾燥する冬は木の中の水分を空気中に放出して乾燥を緩和し、湿気が多い夏は木材が水分を吸収してくれるのです。木造ラーメン工法や木造軸組工法であれば間取りやデザイン面での自由度が高く、オリジナリティのある家が作りやすい、将来的なリフォームや増改築がしやすいといった特徴もあります。木造住宅は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造と比べて柔軟性があるため地震にも強く、軽量なため揺れの影響も受けにくいようです。

一方、木造住宅のデメリットとしては、使用する木材の種類や家を建てる職人の腕によって品質や強度にバラつきがでやすいことが挙げられるでしょう。また、構造材である木材は腐食してしまったりシロアリに食べられてしまったりするリスクがあります。これらのリスクを回避するためには、構造計算を行っている建築会社に施工を依頼して品質を担保すること、木材への防腐・防アリ処理や換気システムについての確認を怠らないことが大切です。

木造住宅の工法の種類

木造住宅の工法には、木造軸組工法、ツーバイフォー工法、木造ラーメン工法などがあります。

木造軸組工法は日本で古くから使用されている工法で、現在でも日本の木造住宅の多くはこの工法で建てられているのです。木造軸組工法は、基礎の上に柱を立て、梁・桁・筋交いなどを組み立てて家を造ります。柱や梁の位置、長さを自由に決められるので間取りの自由度が高く、構造材の交換も簡単なので、ライフスタイルの変化に応じた増改築・リノベーションや補修にも比較的リーズナブルに対応できるでしょう。最も選ばれている工法なので、施工業者を探しやすいのもメリットです。ただし、ツーバイフォー工法と比べると耐震性が低く、仕上がりが職人の腕に左右されやすい点には注意してください。

ツーバイフォー工法は欧米由来の工法で、アメリカやカナダの木造住宅の9割はこの工法で建てられているといわれています。ツーバイフォー工法では、壁や床・天井を2インチ×4インチの角材と合板を接合して作り、それを組み合わせて家を造るようです。木造軸組工法が柱と梁、筋交いで家を支えているのに対し、ツーバイフォー工法は壁で家を支えています。

面で構成されているため耐震性や耐風性が高く、気密性・断熱性の高い住宅を造ることができるでしょう。規格品なので工期が短く済むこと、仕上がりが職人の腕に左右されにくく品質が安定しているのもツーバイフォー工法のメリットです。一方、ツーバイフォー工法は壁で家を支えるため開口部を大きくとることができない点、箱を組み立てる工法なので間取りの自由度が低くなる点がデメリットです。

木造ラーメン工法は近代的な工法といえるでしょう。もともと鉄骨造や鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建築物で採用されていた工法で、基礎の上に垂直に柱を立て、梁を水平に剛接合するシンプルな工法です。接合部が強く、柱と梁だけで建物を支えることができるため、耐力壁による間取りの制約を受けず、木造住宅では難しかった大空間や大開口の家、3階建ての家なども造ることができます。耐力壁がないためリフォームも容易でしょう。木造ラーメン工法のデメリットは、他の工法と比べて建築費用が高くなることです。

木造住宅はなぜ多くの方に選ばれるのか?

無垢材など化学物質を含まない自然素材を使った家も、健康志向の高まりとともに注目を集めています。自然の木材を使うことで、木のぬくもりや香りを楽しむことのできる家を造れると評判なのです。木造住宅には、木がもともと持っている断熱・調湿機能によって一年中過ごしやすく快適な家を造りやすい、建築費用を安く抑えられる、デザインの自由度が高くリフォームや増改築が容易、地震に強いなど多くのメリットがあります。コスト面と性能面で家に求められる要素がバランスよく揃っていることが、木造住宅が多くの人に選ばれている理由といえるでしょう。

 

注文住宅を建てる際、木造住宅の特徴や工法ごとのメリット・デメリットを把握しておくことは、理想の家づくりに役立つはずです。工務店やハウスメーカーを選ぶときは、各社がどのような工法を採用しているのか確認してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧