相模原に注文住宅を建てたい方必見!リーズナブルな価格で品質の良いマイホームを建ててくれる人気の業者もご紹介します!

注文住宅を高気密・高断熱にするメリット・デメリット

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/06/10


近年、住宅販売市場において高気密・高断熱の注目度が高まっており、これに特化した住宅も多く販売されています。ここでは、なぜ高気密・高断熱の住宅が良いとされているのか、どのようなメリットとデメリットがあるのか、注文住宅を建てる前に知っておくと役立つ情報をご紹介します。

なぜ高気密・高断熱の住宅が良しとされるのか

高気密・高断熱の住宅とはどのようなものなのでしょうか。それは、一言で言うと「高い気密性を持ち、断熱性能に優れた家」となります。気密性が高いということは、家の内部にある空気を逃しにくいことを意味します。真空バックされた食べ物のように、隙間がなく、密封された状態を保ちやすい状態です。この状態は、中の空気が逃げにくく、外部からの空気も入りにくいですよね。

断熱性が高いということは、家の中の温度を一定に保つことができることを意味します。鉄などの金属は鍋などに使われることからも熱伝導率が高いです。外部が暑ければ熱くなり、寒ければ冷たくなります。逆にレンガや石はこれらの影響を受けにくく、仮に火を外側で当てたとしても影響を感じるまでに時間がかかります。

このように、物質には熱を伝えやすいもの、伝えにくいものがあり、住宅の断熱材には熱を伝えにくいものを使用しています。これにより、家の中を一定の温度に保つことができるのです。上記のことから、高気密・高断熱の住宅は外気の影響を受けにくい安定した生活空間を生み出すのに最適な住宅と言えます。それゆえ、現在では多くの住宅に取り入れられているのです。

高気密・高断熱の住宅のメリット

高気密・高断熱の住宅の最も大きなメリットは光熱費を削減できることです。日本は夏が暑く、冬は寒い四季がはっきりした気候です。夏はエアコンの冷房、冬は暖房やストーブを使用している方は多くいると思いますが、この金額はバカになりません。加えて、昨今の電気料金や灯油の値上がりからますます光熱費は増大することが予想されます。このような中で、高気密、高断熱の住宅はさらに注目されるものになるでしょう。

ヒートショックを予防できるのもメリットです。皆さんはお風呂に入る際、脱衣所が寒いといった経験はないでしょうか。お風呂で温まった体が、脱衣所に来て一気に冷やされると、体はビックリしてしまいます。このようなことが起こると、体を守るために一時的に血圧や脈拍が爆発的に上昇し、心臓や血管に過度な負担を強いることになります。これが原因で心筋梗塞、脳梗塞が起こり、倒れてしまうのです。万が一、発生してしまえば、自分で救急車などを呼ぶのは困難です。運よく家族などが見つけてくれれば良いですが、外出先や一人暮らしの方ではどうしようもありません。1秒でも早い発見、治療が命を左右するものですので、導入の価値は大いにあるでしょう。

デメリットもあるので注意!

メリットがあれば、デメリットも当然あります。上記のように高気密・高断熱住宅は、家の中の空気や温度が留まることでそのメリットを生み出しています。反面、それはデメリットにもなり得るのです。

デメリットの最たるものは、空気が汚れやすく、それが留まりやすいことです。空気が循環すると、気密性が損なわれたり、折角温めたり、冷やしたりした空気が逃げてしまうことになります。高気密、高断熱を発揮させるには、できるだけ、空気を循環させず、そこに留めておく必要があるのです。そうなると、部屋で発生したホコリ、ダニ、その死骸などのアレルギー物質、カビ、住宅建材に使用される化学物質などを留めておくことにもなります。これらに耐性のないアレルギー持ちの方やシックハウス症候群を発症してしまう方にとっては、重大な問題です。安らかに過ごす家が、自身に毒となる地獄の空間になってしまうからです。

また、住宅の内部はもちろん、床下、天井、建材の隙間で内部結露を起こしやすいデメリットもあります。中の空気が外に逃げないということは、湿気も逃げられないということを意味します。その湿気は、住宅の中にたまり、断熱材や柱、耐力面材などに深刻なダメージを与えます。断熱材が吸湿するとその重みで剥がれ落ち、断熱効果そのものが得られないだけでなく、カビや虫の住処を提供することになります。柱や建材が湿気にさらされ続けると、品質の劣化が早まるだけでなく、シロアリへの耐性を低下させることになります。

さらに、発生したカビが喚起システムを通じて家中に流れ込むことにもなります。高気密・高断熱を維持しつつ、これらを防止するには「強力な喚起システムを採用し、空気が循環するように運転し続ける」「建材と建材の間に通気層を設け、外部に湿気を逃す」ことが必要になります。住宅を建築する際は、この点を理解し、住宅メーカーの話を聞く必要があります。いかにデメリットの部分を意識し、その対策をしているのかしっかり確認しておきましょう。

 

なぜ高気密・高断熱の住宅が良しとされるのか、高気密・高断熱の住宅のメリット、デメリットについて解説してきました。高気密・高断熱住宅のメリット、デメリットがわかりましたね。住宅を購入する際は、このデメリットをどのように克服しているのかを住宅メーカーに問い合わせるのが良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧